産官学連携

共同研究、受託研究

産官学連携本部では、研究者、研究施設・設備など、神戸大学が保有する研究資源を広く社会に活用していただくために、産業界や国・自治体等との共同研究・受託研究を推進しています。
詳細な手続き等は産官学連携本部が支援させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

一般的な手続きの流れ

  1. A.研究を行いたい教員を企業様がご自身で探す。
    B.学術相談をうけて、産官学連携本部のコーディネーターがご紹介する。

    A.【ご自身で探す場合】
    「神戸大学研究者紹介システム」の研究者検索シーズ集などを、予めご覧ください。

    B.【研究者紹介の場合】
    学術相談を産官学連携本部にご依頼いただき、連携本部のコーディネーターが研究者をご紹介します。

  2. 研究のタイプが決まり次第、契約に進む(本学の手続き上、申込書の提出が必要となります)。

  3. 共同研究

    本学の研究者と民間等の機関の研究者・技術者が共通の課題について、共同で行う研究。

    受託研究

    本学が民間の機関等から委託を受けて行う研究。

    【参考】

  4. 受入れ(受入れ通知を送付)
    契約交渉
    経費の納入

  5. 研究開始

「間接経費」について

共同研究・受託研究の受け入れに際しては、研究遂行に直接必要な物件費、人件費(「直接経費」と呼びます)以外に、研究環境を整備し、産学連携推進や知的財産管理等に必要な経費(「間接経費」と呼びます)をご負担頂いておりますので、ご理解いただきますようお願いします。

なお、本学では、ご負担頂いた「間接経費」を財源として「教育研究活性化支援経費」を創設し、全学的な事業実施に活用させて頂いております。

特別試験研究費税額控除制度について