共同研究講座・部門は、企業から資金、研究者を受け入れて、神戸大学内に研究組織を設置し、
神戸大学教員と企業の研究者とが共通の課題について共同して研究を行うことにより、
社会の発展にいっそう寄与する優れた研究成果が生まれることを促進します。

この制度の特長は、

企業にとっては、目的を明確にした迅速な研究開発が可能

寄附講座では不可能であった成果の共有が可能となり、
 共同研究と比較してより長期的な拠点の設置が可能です
講座名に○○共同研究講座等の企業名を付与することが可能です

大学にとっては、社会のニーズを踏まえた研究実施により大学のプレゼンスが向上

大型の外部資金の導入を積極的に推進できます

産学間で知識と人材の交流が促進されることにより、大学の教育研究及び企業の人材育成の充実が期待できます

神戸大学共同研究講座及び共同研究部門規則