認知症を学び、予防を目指そう

コグニケア

コグニケアとは

認知症を知ろう

参加費用・申込

開催日程

よくあるご質問

免責事項

お問合せ先

認知症を学び、
予防を目指そう

コグニケア

コグニケアとは

コグニケアとは

コグニケア Cogni Careとは
認知症を知ろう

参加費用・申込

開催日程

よくあるご質問

よくあるご質問

FAQ

免責事項

免責事項

Condition

お問合せ先

よくあるご質問 FAQ

コグニケアプログラムとジムに通うことは何が違うのでしょうか??

週に1度の有酸素運動は、予防によいとされています。ただコグニケアは運動だけのプログラムではなく、認知症に関するコラムを査読し、病気への理解を深める時間を設けています。

コグニケアプログラムで物忘れは回復するのでしょうか?

一度劣化した脳の神経細胞は、回復することは困難です。よってメモなどを取って補助することで記憶を維持することが大切です。

脳トレは効果はあるのでしょうか?

誰も脳の1,2割だけを使って、残りは活用せずに過ごしています。普段から脳を鍛えておけば、多少老人斑ができて脳の機能が落ちても、年齢的に要求されることはできます。学習ドリルもいいですが、長く楽しめる趣味や友人とのおしゃべるのほうが効果的ともいえます

コグニケアプログラムで物忘れは回復するのでしょうか?

一度劣化した脳の神経細胞は、回復することは困難です。よってメモなどを取って補助することで記憶を維持することが大切です。

MMSEとはどのようなテストですか。また、軽度とは、この検査でいうと何点の状態ですか?

全部で30問あり、病院でよく使われる検査です。「今日は何月何日ですか?」「~角形を書いてみてください。」などの問題等あります。MCI(早期認知障害)については、過去の病気等も関連し、MRIの検査等も含めて診断されるため、MMSEだけでは判断することは困難です。

コラム輪読とはどのようなことをするのですか?

認知症に関する内容の文献やコラムをお渡しします。その記事の内容について、参加者で意見交換を行い、認知症予防についての知識を深めます。

ヨガはどの程度の運動強度ですか?現在骨粗鬆症のため簡単に骨折する状態です

運動については初心者のレベルから対応し、心拍数などの指標によってステップ1~4のレベルを定義しています。個人によって運動強度やレベルを確認しつつ進めていくので、先生に相談しながら講座に参加してください。

60歳以下でも参加できますか?母が認知症で介護中。遺伝でいずれ自分もその状態になるかもしれないので運動に参加したいと考えています。

介護保険に適用されておらず、週に1度のプログラムに参加いただける方は60歳以下でも参加可能です。ただし別途ご案内する予防研究へのご参加については、年齢条件が発生することがありますのでその都度ご説明します。