産官学連携本部について

社会実装デザイン部門

社会実装デザイン部門とは

神戸大学はその活動ビジョンの中で「現代及び未来社会の課題を解決するための新たな価値の創造に挑戦し続ける」「教育研究を社会と協働して推進し、先端的技術の開発と社会実装の促進を通じて人類に貢献するとともに、地球的諸課題をするために先導的役割を担う人材を輩出する」を掲げている。

「社会実装」とは、研究の結果で得られた新たな知見や技術を、社会との対話・協働による社会的価値への変換を通して社会の問題解決に適用することである。

社会実装デザイン部門では、国・自治体などの行政、国内外の研究機関、産業界、学内部局・研究者と連携して価値創造につながる研究・人材育成の企画・実践と産業構造の変革を実現する「イノベーション・エコシステム」の構築をミッションとしている。

部門長 鶴田 宏樹
熊野 正樹  教授
河村 健二  特命教授(イノベーション創出プロモーター)
鶴田 宏樹  准教授

超スマートコミュニティプロジェクト(SSC推進室)

長廣 剛   特命教授
山内 絢人  特定プロジェクト研究員
吉田 尚人  特定プロジェクト研究員
進藤 宏行  特定プロジェクト研究員
京極 沙絵  特定プロジェクト研究員
村主 隆彦  特定プロジェクト研究員
岸本 貴   特定プロジェクト研究員
磯崎 日出雄 特定プロジェクト研究員(客員教授)
信時 正人  特定プロジェクト研究員(客員教授)
大原 誠   特定プロジェクト研究員(客員准教授)
鈴木 義康  特定プロジェクト研究員(客員教授)
早川 慶朗  特定プロジェクト研究員

認知症予防プロジェクト推進室(PAD推進室)

超高感度細胞外小胞センシングプロジェクト(EVs推進室)

竹内 俊文  特命教授
伊藤 徳臣  学術研究員