神戸大学の知的財産ポリシー・規定

知的財産に関する基本理念

大学の第三の使命である社会貢献に積極的に取組み、産学官連携等を通じて、「神戸大学の知」の社会活用を実現し、もって経済社会の発展・教育研究の発展・国民の福祉向上・日本の国際競争力向上に資することを目的とする。
本学の教職員等は研究成果の社会活用を本学の責務と認識し、大学は研究活動から、研究成果の保護管理、その社会活用まで一連のものとして捉え、一貫して支援する。
知的財産の活用のために事業的視点に立って機動的に行動すると共に、知的財産の取扱については豊かな社会の形成、産業界及び個々の企業の成長発展のため柔軟に対応する。

ページの先頭へ戻る

知的財産に関するポリシー

(「神戸大学知的財産ポリシー(平成16年3月11日)」前文より)

「知の時代」を迎えて、大学には、教育と研究を通じて長期的観点から社会に貢献することに加え、社会との日常的、組織的な連携を通じて自らの研究成果を直接的に社会に還元し活用を図っていくことを求められている。(国立大学法人法第22条)

また、知的財産基本法においては、大学の活動が社会全体における知的財産の創造に資するものであり、大学が研究及びその成果の普及に自主的かつ積極的に努めるべきことが謳われている。(基本法第7条:大学等の責務)

このような状況の下、神戸大学は、「大学の知」に基づく知的財産の創造、保護、活用に積極的に取り組む。「神戸大学知的財産ポリシー」は、神戸大学における知的財産の取扱い及び運用に関する基本的考え方を定めるものとして、これを公表する。

ページの先頭へ戻る

閉じる